解体工事|新光重機土木は静岡県の伊豆市・伊東市の個人住宅から公共施設、ホテル・工場などの特殊施設の解体を行なっています。

解体工事

解体工事実績地域トップクラス。
一般住宅や大型建物の解体はSHINKOへ。

SHINKOの解体工事

1 調査から見積り・施工までトータルサポート

当社には解体工事施工技士・石綿作業主任者などの資格を有する技術スタッフが多数在籍。
これまでに数々の公共工事に携わった実績があります。スタッフの確かな技術と経験により調査から施工までトータルサービスが可能です。
一般住宅・ホテル・学校・保養所・工場等『大型建物』の解体工事やアスベスト・PCBの含有分析・除去工事もお任せください。

2 解体・土木工事の同時施工・継続施工

工事本部との連携により、解体工事と土工事の同時施工・継続施工が可能です。
工事期間の短縮や、解体工事から土工事への移行をスムーズに行える他、別々の業者に依頼する煩わしさや余分な経費を抑えることができます。
例えば、家屋の解体~駐車場までなど、一つの会社で低コストにて施工可能。

3 現場安全管理・近隣対策の徹底

SHINKOでは、労働災害及び第三者災害防止を第一に考え、施工しております。工事の着手前には騒音・振動・粉じんなどでご迷惑をおかけする近隣の方へ工事説明を行います。工事中も問題が発生した場合、丁寧・迅速に対応し、工事がスムーズに完成するよう心がけています。

事業内容

一般住宅・外構物の解体
一般住宅・外構物の解体

一般住宅の解体から建物周辺の樹木の伐採・伐根・物置・ブロック塀・アスファルト・土間コンクリートの解体工事までトータルで対応いたします。気軽にご相談ください。

公共施設(学校・病院 他)の解体
公共施設(学校・病院 他)の解体

公共施設解体の調査~設計~施工まで経験豊富なスタッフが対応いたします。官庁解体の設計・施工受注実績も多数あり積算単価の構築から施工まで専門スタッフが対応いたします。

ホテル・工場・商業施設 特殊物の解体
ホテル・工場・商業施設 特殊物の解体

小規模から大規模建物まで、RC(鉄筋コンクリート)造、S(鉄骨)造SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造のホテル・ビル・工場等。また特殊構造物(煙突・タンク等)あらゆる建物・構造物に対応いたします。

自社にて産廃の収集運搬・処分
自社にて産廃の収集運搬・処分

土木・解体現場での現場リサイクルの提案から、自社産廃処理施設(シンコウ・エコファクトリー)と連携したスピーディーな産廃の運搬処理対応が可能です。

アスベスト除去工事
アスベスト除去工事

SHINKOではアスベストレベル1、2、3の調査・分析・除去までそれぞれに適合したアスベスト除去計画を構築し、各現場に応じた除去工事の調査~分析~設計~施工を実施いたします。

建物の内装解体
建物の内装解体

公共施設(学校 病院)・ホテル・店舗・事務所・住宅の内装解体(スケルトン)から躯体の一部解体(はつり)を行っております。リフォーム・リノベーションをご検討中で分離発注をお考えの方は是非当社にお任せください。

お問い合わせから工事の流れ

1 お問い合わせ・ご相談
ご相談は無料です。建物の大きさ・施工時期などをお電話、メール、FAXにてお気軽にご連絡ください。
2 現地調査・登記簿確認
現地にて周辺・ 建物内部・ 浄化槽・ライフラインなどの確認をさせていただき、解体範囲と残すものをご指示ください。
不用品・生活残存物の量がわからない場合は、着工前に再度お見積りさせてください。
ご予算、相見積り価格があればご相談ください。
3 お見積り・契約
現地調査後、お見積りを作成しご提示させていただきます。
当社金額でご決定いただければ、お支払い方法・工期などを再度打ち合わせさせていただき、契約書を作成いたしますので、ご署名・ご捺印ください。
4 リサイクル法届出・道路占用/使用許可申請
解体建物の延床面積が80m2以上の解体は建設リサイクル法の届出が必要になります。当社がお客様の代理で作成・届出を行いますので委任状にご署名・ご捺印をお願いいたします。
道路などを一部使用して解体を行う場合は、所轄官庁へ申請を行います。
5 ライフライン撤去・残留物の確認
ライフラインの申請撤去は基本的に当社よりご連絡いたします。
必要に応じて切り回し工事等金額が発生する場合は、別途お見積りとさせてください。
6 近隣様への挨拶
工事着工前に、近隣様に工事案内文(発注者・施工会社/担当者・工期を記載)と粗品を用意し、当社担当者が挨拶まわりをいたします。
工事中はほこりや振動、騒音が発生するため、事前説明を行い、ご理解・ご協力いただくことで工事中のトラブルを未然に防ぎます。
7 工事着工
工事着手前に、残存物や解体範囲などの最終確認をさせていただきます。
作業中は、安全第一・第三者災害の防止に努め、工程通りに解体工事を進めていきます。
工事中にクレーム等があった場合は、当社工事担当者が責任を持って対応いたします。
解体中に別途契約事項(地中障害・埋設物)があった場合は、別途見積りとさせていただきます。
8 立ち会い・工事完了
解体工事完了後、重機搬出前に現地をご確認ください。
お客様のご確認後問題がなければ、重機搬出と立入禁止措置等を行い工事完了とさせていただきます。
9 請求書の送付・お支払い
工事立ち会い完了後に、請求書をお渡しさせていただきます。
契約内容と工事内容をご確認いただき契約お支払期日までに請求書記載の指定口座にお支払いください。
10 完成図書 減失証明書も送付
ご入金が確認できましたら、当社より完成図書(リサイクル法・工事写真・産廃処理集計表)と建物減失証明書・印鑑証明書を郵送させていただきます。
減失証明書には登記簿謄本通りの内容をご記入いただき、法務局に提出してください。

空き家解体も承っています

空き家対策特別措置法

2016年5月に完全施工された法律で、行政による空き家対策として、解体通告や強制執行、固定資産税の優遇除外などの措置が可能になりました。
空き家対策特別措置法について詳しくはこちらで紹介しています。

各事業概要